おすすめの買取業者レビュー

【画像あり】レンタカーで引っ越ししてたらバンパー擦って5万円請求された話

どうも、よしぼうです。

今回の記事は、タイトルの通りですw

今だからはっきり言えますが、「レンタカーを借りて引っ越しをしたい」と思ってる方は絶対にやめてください。

レンタカー会社は少しのキズでも、法外な修理代を請求してきます。そりゃーもう詐欺レベルで請求されますよw

ぼくは二〇ニ〇レンタカーというところでレンタカーを借りたんですが、請求された金額は5万円。。。プレステ4がソフト付で買えちゃいます。

今回はぼくが自損事故(傷病者のいない事故)をおこしてしまった経緯を、写真付きでお送りします。

ちなみに事故を起こした翌日は、そっこうで見積もりとって業者にお願いしましたw

引っ越し侍という引っ越し業者比較サイトを使ったんですが、一括で複数業者の見積もりが出せるのが便利ですよ。

マジではじめから業者に頼んどけばよかったなぁ・・・。

\無料・他社一括見積り/

引っ越し侍で引っ越し業者を比較する

自損事故を起こした経緯

バック中に縁石に擦ってしまった・・・

レンタカーを借りて引っ越しをする場合、基本的に元の家と新しい家を何度か往復することになりますね。

ぼくが事故ったのは2往復目、ランチがてら近くのステーキ屋さんに駐車しようと思ったときのことです。

そのステーキ屋さんの駐車場は駐車スペースが小さく、その時乗っていたマツダのデミオがギリギリ入りきりぐらいの大きさでした。

ぼくは「擦らないように、擦らないように・・・」おそるおそるバックをしていたんですが、忘れもしません。あの「ガリッ」っていう嫌な音をw

「ヤバい!!!」と思ってすぐ外に出て車体を確認したら、バンパーにキズ&凹みが。。。

写真で見たらそうでもないですが、けっこうへこんでます。この時は動揺して、その場で1分ぐらい固まってました。

引っ越しを中断し、レンタカー会社へ

事故ったことでぼくの頭の中は「修理代いくら請求されるんだろう・・・」ということしかありませんでした。

うわの空で市街を運転し、なんとかレンタカー会社までたどり着きました。

そして店員さんに正直に「ここ、擦っちゃったんですけど・・・」というと、店員さんは「あー、、わかりました。ちょっと待っててください」と言い残し、事務所の中へ。

この間心臓バクバクです。「10万円とか請求されたら生活できない。。。」と思いながら店員さんを待っていました。

しばらくして偉い感じの店員さんがきました。

店員さん
店員さん
修理費と休業補償で5万円いただきます。
よしぼう
よしぼう
ご、五万ですかぁ。。。

仕方ないのでクレジットカードで5万円支払いました。

社会人ならまだしも、大学生のぼくに5万円はめちゃめちゃ堪えましたね。

レンタカーでの引っ越しをおすすめしない5つの理由

ここまでぼくの事故った経緯を書いてきましたが、次はレンタカーで引っ越しをしないほうがいい理由をまとめてみます、

①めちゃくちゃ疲れる

ぼくは彼女に手伝ってもらいながら2人で梱包・配送・掃除など全部やったんですが、めちゃくちゃ疲れます。

これ1人でやったと思うとほんと恐ろしいですね。一世帯当たりの引っ越しは最低でも4人は必要ですね。

友だちに手伝ってもらう場合でもバイト代は払うべきだと思うので、けっきょくプロの業者に頼むのと変わらない値段になる可能性大です。

②慣れない運転、長距離運転だと事故を起こしやすい

ぼくのことですねw

引っ越しのときって何回か古い家と新しい家を往復するかと思うんですが、

レンタカーに荷物をのせて、新しい家まで運転して、荷物を部屋まで運んで・・・

を繰り返すのは想像の10倍きついですよ。ほんとに。

下手したら1日じゃ終わりません。ぼくは事故ったあとは業者に頼みましたが、あのまま続けてたらたぶん丸3日ぐらいかかってました。

夕方ぐらいにはふらふらになるので、そりゃー事故起こすわ、って感じですw

③保険に入っていても、修理代は請求される

レンタカーを借りるときにはかならず「保険、入りますか?」と聞かれると思うんですが、ほとんどのレンタカー会社では自損事故による補償はしてくれません。

補償されるのはだいたい「対人事故」と「対物事故」です。

ぼくが今回契約したニ〇ニ〇レンタカーでは、ホームページにはっきりとこう書かれています。

¥自損事故(当て逃げ等相手が特定できない事故などを含む)の場合、車両免責額は補償適用外となります。

ニコニコレンタカーホームページより引用

つまり、「ちょっと壁にこすってキズをつけてしまう」というような一番よくある事故の補償はないんですよね。。。

今回ぼくは保険に入っていなかったんすが、「保険に入ってた&自損事故を起こした」という人はほんとに気の毒な話ですよね・・・

④まず予定通りに終わらない

「1日で終わらせるぞ!」と思ってても、だいたい1日じゃ終わりませんw

まずふつうの乗用車だと120サイズの段ボール箱8箱ぐらいが限界です。

軽トラや2トントラックを借りられるなら話は別ですが、乗用車で引っ越しをするなら2,3日は見積もっていたほうがいいですね。

⑤高額家電が壊れる可能性がある

洗濯機とか冷蔵庫とか、あるいはウォーターサーバーなどの高額家電ってぜったい壊したくないですよね。

冷蔵庫だったら「横に倒して運んではいけない」みたいな決まりがある訳ですが、レンタカーで運ぶ場合横に倒されないとそもそも車に入りませんw

高額家電が壊れて買いなおすとなると、それこそ引っ越し費用の3,4倍かかってしまうので、はじめからプロに頼むのが無難です。

まとめ

今回の事故がきっかけで「引っ越しはぜったい業者に頼もう」という教訓が心に刻まれることとなりましたw

引っ越し業者を比較する場合は引っ越し侍がおすすめです。複数の業者の見積もりを一括で出してくれるので、すごく便利ですよ。

「どうしても自分で運転したいんだ!」という方は、タイムズのカーシェアを使ってください。

15分206円とちょっと割高ですが、自損事故の補償もしてくれるので安心して運転できますよ。

学生なら基本料金タダで使えるので、とりあえず登録しておいて損はないです。

・タイムズのカーシェアリングに登録する