ミスチル

【初心者向け】ミスチルオタクがおススメの曲を本気でレビューします!

こんにちは! よしぼうです。

ぼくは現在大学を休学し、ベンチャー企業でインターンとしてアフィリエイトサイトを運営しつつフリーランスとしても商材を販売しながら生計を立てています。

詳しくはプロフィールをご覧ください。

ツイッターでも日頃思ったことやブログ論をつぶやいています。

FOLLOW ME!!!(^^)!

いきなりですが、ぼくはMr.Childrenが大好きです。

いや、もはや好きという表現じゃおさまらない・・・!

中学2年生に学校が嫌いすぎて不登校になっていたとき、『終わりなき旅』に出会わなかったら今頃ぼくはこの世にいなかったかもしれません。

ぼくにとってミスチルは命の恩人なのです。

人間、生きてると辛いときや悲しいときもあります。

朝起きて布団から出たくない朝や、人に会うのはめんどうだけど、誰かと会わずにはいられない寂しい夜もありますね(´;ω;`)

この記事ではあなたが人生で必ず経験するであろう5つのシーンごとに、おススメの曲を紹介します。

気になる異性ができたとき、失恋したとき、仕事や勉強のやる気を出したいとき、人生に疲れて無気力になっているとき・・・。

人生、色々です。

Mr.Childrenの曲が、あなたの人生の節目の大切なパートナーとなってくれたらこれほど嬉しいことはありません!

それではいってみましょう!(^^♪

※今回、『終わりなき旅』はどこにも入っていませんが、殿堂入りという位置づけであるので必ず聴いてください。必ず聴いてください。大事なことなので2回言いました。

気になる異性ができたときに聞きたい曲ベスト3!

①運命(2016年)

カルピスウォーターのCMにもなった曲です。

僕が”恋の始まり”という言葉を聞いて一番最初に思い浮かんだのがこの曲です。

2番の歌詞に

君が涙を流すのを 遠くで見てた 

なんせ君はまだ僕の 恋人じゃない

という言いまわしがあるですが、「好きな人が困っているから助けてあげたい!でも相手はぼくのこと知らないだろうからなぁ・・・」みたいな甘酸っぱい感じが伝わってきませんか?( *´艸`)

曲調もすごくポップで軽快なメロディーなので、はじめて聴く方でも親しみやすい曲だとお思います!

40代のおじさんが作ったとは思えないフレッシュな曲ですw(誉め言葉)

 

②友達のままで(1992年)

古い映像なので音質はちょっと悪いのですが、お許しくださいm(__)m

たぶんこれを見ているほどんどの方が知らないのではないかな~と思います。

それもそのはず!なんとインディーズ時代に作られた曲なのです。

この曲は失恋した時に聴きたい曲に入れようかとも思ったんですが、好きな人ができたばっかりの時期に聴いてもまた違った聴き方ができるな、と思いました。

曲調は「まさに1990年代!」という感じで、思わず外へ飛び出したくなりたくなるようなメロディーです!

 

③メインストリートに行こう(1993年)

またまた古い曲でございます(笑)。

ちなみに1曲目が「メインストリートに行こう」です。

この時代のミスチルの曲を聴くと、ミスチル初期の雰囲気が味わえると思います。

いまのJ-POPとは雰囲気がちがって聴こえるかもしれませんが、それはボーカルの桜井さんが当時の海外のロックバンド(おもにビートルズややエルヴィス・コステロなど)のサウンドから音楽的な影響をものすごく受けているからです。

それは1番の歌詞にも表れています。レゲエの神・ボブマーリーが登場しますね。

仲間たちが言うほど君って クールじゃないのがいいね

流れてくるリズムに合わせて 口ずさむよ”BOB MARLEY”

まさに「2人だけの、キラキラした世界」のような世界観の曲です。

この曲を聴いたあと、あなたの気になる人をデートに誘ってみては?(^^♪

失恋したときに聴きたい曲ベスト3!

①Over(1994年)

失恋ソングに、この曲だけはハズせません・・・!

全男子が共感するような、リアルな情景描写とリアルな男心がすべて詰まっている曲です。

いつか街で偶然出会っても 今以上にきれいになってないで

いや、コレーー!!!

ほんとコレすぎるー!!!

曲のはじまりから終わりまで、「メロディーはポップで明るいんだけど歌詞は切ない」という矛盾した曲の構成が、また堪りません。

ちなみにタイトルのOverには”恋が終わる”のlove is overと”失恋を超えて歩いていく”という意味のoverがかけられているというおしゃれな理由があります。

天才すぎますよ桜井さん。

 

②CANDY(2005年)

イントロから一気に、この曲の世界観に引き込まれます。

この曲はぜひヘッドフォンかイヤホンを使って聴いてください!

タイトルの『CANDY』という言葉は歌詞のなかにも度々登場するんですが、歌詞の中でいわれている”キャンディー”とは“恋を失ったときのほろ苦い心模様”を表しています。

高校生のときに、失恋した友だちにこの曲をすすめたら号泣してました。

そしてそれを見た僕も号泣するという謎の思い出(?)があります。

 

③渇いたkiss(2002年)

「桜井さん、あんたは小説家か!」とツッコミを入れたくなるほど文学的な曲です。

君が最後の答えを口にしてしまう前に 渇いたkissで塞いでしまう

それでなんとか今をしのげればいいのに・・・

「君と別れても、まぁ別にしかたないことだね」みたいな余裕のある男のフリをしている男が主人公なんですが、心辺りありませんか?、ありますよね?? ね??

「本当は悲しくて泣きたいのに、かっこつけて自分を客観的に見て、本当の気持ちを押し殺した」みたいな経験、日本男児なら1度は味わっとるだろぉ!!

心をエグられるような曲ですが、何度でも聴いてしまう中毒性がある曲です。

仕事や勉強のやる気をだしたいときに聴きたい曲ベスト3!

恋愛系の曲が続きましたが、次は落ち込んだ気持ちを奮い立たせてくれる曲を紹介します。

①ランニングハイ(2005年)

※画質は粗めでございます。。。

『ランニングハイ』はミスチルの曲のなかでは珍しい、泥臭くて疾走感のある曲です。

“ランニングハイ”とは長い距離を走っているランナーに訪れる“無の状態”のこと。

スポーツでいう”ゾーン”と同じような意味ですね!

マンガみたいなたとえですが、“自分がもっている能力を100%発揮できる状態”ともいえるでしょう。

つらいことを乗り越えた先にある圧倒的な達成感や快感が歌詞やメロディーで再現されており、これを聴きながらランニングをしたらどこまででも走れてしまいそうです(笑)。

いま、自分の夢や目標に向かってチャレンジしている方に、この曲のこのフレーズを贈ります。

「もう疲れた 誰か助けてよ!」 そんな合図出したって

誰も見ていない ましてタイムを 告げる笛はならねえ

なら息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして

胸にまとう 玉虫色の衣装を はためかせていこう

 

②one two three(2002年)

ぼくが中学3年生のときに知って、歌詞付きの動画まで作ってしまったほどハマった曲です。

ぼくはいつもサビのメロディーで鳥肌が立ってしまうんですが、「生きててもそんなにいいことばっかりある訳じゃないから、たまには力をぬいて風に身を任せるのもいいんじゃない?」というような優しいメッセージがこの曲には込められている気がします。

生きてるとどうしても「人から強く見られたい」とか「夢をもって頑張らないと」みたいなパフォーマンスをしなければいけないときってありますよね。

そんなに時に聴くと、ふっと肩の力が抜けるような、そんな曲です!

ちなみにかなりマイナーな曲になるので、ミスチルファンに「一番好きな曲はなに?」と聞かれたときに「one two threeが好き!」というと「コイツ・・・できる!!」となるのでおススメです( *´艸`)笑

 

③fanfare(2009年)

映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の主題歌にもなった曲なので、聴いたことがある方も多いのでは?

サムネイルはナオト・インティライミですね。彼はこのころ、ミスチルのバックコーラスとして活動をしていました。

映画の書下ろしの曲なので、ONE PIECEの世界観たっぷりの曲です。聴いているとまるで自分が麦わらの一味になったような気が・・・!(´・ω・`)

悔やんだって後の祭り もう昨日に手を振ろう

さあ 旅立ちのときは今 重たく沈んだ碇を上げ

このフレーズから曲がはじまります。

この部分だけでもうワクワクしませんか!?

ぼくはもう荒れ狂う波に飛び出したくてたまりません!!(笑)

人生に疲れて無気力になっているときに聴きたい曲ベスト3!

①pink ~奇妙な夢~(2004年)

すいません、初心者向けに書くつもりでしたが完全にマニアックな曲になってしまいましたw

ただこの曲だけはぜひ知ってもらいたかったんです。

タイトルに”~奇妙な夢~”と入っていますが、まさに夢の中の話のような曲です。

紫色の渡り廊下で 顔のない男と出会う

僕の方見て笑ってるから 別に怖くはないが歩けない

なんとも不思議な歌詞・・・何を表現しているんでしょうか。

この曲の歌詞は、村上春樹の『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』という小説が元ネタだと言われています。

たしかに「顔のない男」は村上春樹の小説ではたびたび登場しますが、真偽のほどは定かではありません。

とにかく不思議。ぼくの語彙力ではそれしか言えません。(笑)

現実に疲れたら、夢の世界に入り込んでみるのも一種の方法かもしれませんね。

戻ってこれるかは保証しませんが・・・。

 

②[es] ~theme of es~(1995年)

あ、夢の世界から戻ってこれたようですね!(^^♪(笑)

この曲は「pink~奇妙な夢~」と違って、ひたすらリアルを描いています。

歌詞の中でしきりに出てくる”es”とは心理学の言葉で、「本能的・根源的な欲求」のことです。

「人が決めた幸せが、必ずしも自分に当てはまる訳じゃない」、そんなことを桜井さんは主張しているのでしょうか。

たとえば就活1つ取ってみても、「大企業に入って安定!」が幸せだと思う人もいれば「自分で企業して、自分で事業をやる!」のが幸せな人もいますよね。

自分の中にある、“本当の幸せ”を見つけるきっかけを与えてくれる名曲です。

それにしても20年以上前の曲とは思えないクオリティ・・・!( ;∀;)

③Prelude(2010年)

「Prelude」、”前奏曲”ですね。

イントロの小刻みなエレキギターの音色は、”はじまり”を想起させます。

また、この曲は非常に現実的な曲でもあります。

信じていれば夢は叶うだなんて 口が裂けても言えない

だけど信じてなければ成し得ない事が 今日もどこかで僕らの訪れを待っている

「夢は信じているだけじゃ叶わない、でも信じて行動すれば夢は叶うかもしれない」という桜井さんらしい、現実的なメッセージです。

ミスチルの曲は「夢は叶う! 頑張ろうぜ!」みたいな感じの曲は意外と少なくて、「夢は叶うかもしれないし、叶わないかもしれない」みたいな曲が多いです。

ミスチルがこれだけ長い間、多くのファンに愛されているのは、この現実的な歌詞に共感する人が多いからなんでしょうね。

前奏曲(prelude)が聴こえてくる さぁ耳を澄ましてごらん

停留場で僕は待ってる 君も一緒に乗らないか?

 

終わりに

ぼくがこの記事を書こうと思ったのは、僕が中学時代、絶望の淵にいたときにミスチルの曲に助けられたように、今辛い思いや悲しい思いをしている人が少しでも前向きな気持ちになれるようなきっかけを作りたかったからです。

冒頭でもいいましたが、生きてたら良いことも悪いこともあります。半分ぐらいは嫌なことかもしれません。

嫌なことがあったときは、無理に頑張らなくていいんです。“頑張らない”という言葉はぼくの一番のモットーです。(笑)

あなたがこの記事を読んで、「ミスチルの曲いいなぁ」とか「他の曲も聴きたいなぁ」とか思ってくれたらほんとに嬉しいです。

他にも山ほど紹介したい曲はあるんですが、今回は心を鬼にして紹介する曲を決めました!(笑)

ミスチルに興味が出てきたら、ぜに他の曲も聴いてみてください!(^^♪

この記事の最後に、わたしがいつもミスチルの曲を聴いている音楽アプリを紹介します。

スマホにインストールして、お気に入りの曲をいつも持ち歩いてくださいね。

最後まで読んで下さって、本当にありがとうございました!

☆よしぼうイチオシのストリーミングアプリ

・Spotify

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ

2018年の5月10日(ミスチルのデビュー26周年の日です!)より、ミスチルのアルバム曲が全曲聴き放題になりました!!

この機会にぜひインストールしてみてくださいね(^^♪

また「CDで手元に置いておきたい!」という方はこちら。

今回紹介した曲が収録されているアルバムをすべて紹介します。

SENSEには『fanfare』と『Prelude』が収録されています。

I LOVE YOUには『ランニングハイ』と『CANDY』が収録されています。

It’s a wonderful worldには『one two three』と『渇いたkiss』が収録されています。

Versusには『メインストリートに行こう』が収録されています。

EVERYTHINGには『友だちのままで』が収録されています。

シフクノオトには『pink~奇妙な夢~』が収録されています。

Mr.Children「1992-1995」には『Over』と『es ~theme of es~』が収録されています。

REFLECTION{Naked}には『運命』が収録されています。

同一の名前のアルバム「REFLECTION{drip}」には『運命』は収録されていないのでご注意ください!

とはいえ、このアルバムを全部揃えるとなるとかなりお金がかかるのでやはりSpotifyがおススメですね笑

 

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ