ミニマリズム

【海外旅行はリュック1つで】最低限の荷物まとめました【厳選17アイテム】

こんにちは! よしぼうです。

ぼくは海外・国内問わずよく旅行に行くんですが、だいたいリュック1つでどこでもいっちゃいます。

先日もタイに2週間、リュック1つで滞在してきたばっかり。

というわけで今回は、ぼくがいつも旅行に行く時に持っていくアイテムをご紹介していこうかな〜と。

<想定読者>

✔できるだけ少ない荷物で海外に行きたい、と思ってる方

✔移動費を抑えて旅行を楽しみたい方

✔「これさえあればとりあえず大丈夫!」というアイテムを知りたい方

ちなみに今回は海外旅行に行ったときの荷物を紹介しますが、国内旅行の場合はパスポートがいらなくなるだけなのでどちらのケースでも参考になるかと思います。

これだけあれば大丈夫!なアイテム17選

1.iPhone SE(海外の場合はSIMフリー推奨)

ぶっちゃけ国内旅行であればスマホさえあれば、まず死ぬことはありません。

ということはつまり、忘れると死にます。

ぼくは3年ほどiPhone SEを使っていますが、iPhoneシリーズで一番コンパクトなので大変気に入っています。

ちなみにiPhone SEはSIMロックが解除できる(SIMカードの入れ替えができる)ので、海外旅行のときに便利ですよ。

2.NEC ノートパソコン(NS-150AAB)

ノマドワーカーやフリーランスの方、あるいは出張で海外にいく方はパソコンをもって旅行する場合も多いと思います。

ぼくは3年半ぐらい前に買ったNECのノートパソコンを使っていますが、1時間に数回フリーズします。

はやくMac Bookが欲しい・・・。

あと、パソコンをもって旅行する場合は、パソコンケースに入れて持ち運ぶのをおススメします。

海外の、特に東南アジアは急なスコールが降ることがあるので防水性のパソコンケースで大切な仕事道具を守りましょう。

3.パソコン・スマホのバッテリー/充電器

意外と忘れがちなのが充電器。

旅行先のホテルで「充電器がない!!」ってなったらほんとに死にたくなるので、くれぐれもお気をつけて。

モバイルバッテリーはpowedadd pilotのX7が圧倒的におススメです。

レビュー記事も書いているのでぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【口コミ】Poweradd Pilot X7のモバイルバッテリーが神コスパすぎて超絶おすすめどうも、よしぼうです。 ぼくは普段から仕事でスマホをめちゃくちゃ使うので、出先での仕事ではモバイルバッテリーが欠かせません。 ...

4.ポケットWiFi

またまたノマド民向けのアイテムになりますが、ポケットWifiも必需品ですね。

ぼくはHUAWEIのポケットWiFi(7GB)を使っています。

僕がもってるやつは旧型なので色が違いますが、このシリーズです。

WiFi速度は爆速なので、めちゃくちゃ重宝しますよ!

5.ブルーライトカット眼鏡(Zoff)

パソコンの画面をずっと見続けてると、目がかすんできますよね。

ぼくは1日8~10時間ぐらいパソコンを見てるので、ブルーライトカット眼鏡は必需品です。

これだけでも目の疲れや目のかすみはかなり軽減されるので、気になる方はぜひ使ってみてください。

ふつうにオシャレとしても使えるので気にいってます。ちなみに今もこれかけて記事書いてますw

6.ワイヤレスイヤホン(PASONOMI)

イヤホンはコードが煩わしいのでワイヤレスを使っています。

iPhone付属のイヤホンは手元で音量調節ができるので便利なんですが、どうもぼくの耳の形にフィットしないんですよね(-_-;)

PASONOMIのワイヤレスイヤホンは防水、ケースの中で充電充電可能、値段が安い(重要!)とめちゃめちゃコスパがいいです。

3年ぐらいずーーっとSONYのイヤホンを使ってきたぼくですが、ついに浮気しちゃいましたw

7.アイマスク(PLEMO)

長い飛行機での移動や、ドミトリーに泊まるときに重宝するのがアイマスクです。

ぼくは光があると眠れないタイプの人間なので、もうこいつは手放せませんね~。

PLEMOのアイマスクは締め付けがゆるくて、目への負担が少ないのでおススメ。

8.耳栓(100均)

先ほど紹介したアイマスクとセットでそろえたいのが耳栓。

海外のドミトリーやシェアハウスに泊まると、たまに地響きのようないびきをする外国人に当たることがあるので耳栓は必須です。笑

個人的には、「耳栓に関してはダイソー(100均)のやつで十分」という結論にいたりました。

リンクが無かったんですが、こんなやつですね。

9.小銭入れ

海外旅行で両替したお金を入れる用に、小銭入れがあると便利です。

海外の硬貨と日本円が混ざるとけっこうめんどくさいので、ぼくは海外に行くときには絶対にもっていってますね。

ぼくがもっている個性的な小銭入れはマンガ『銀魂』の沖田総悟がつけているアイマスクのデザインです。

ジャンプストアで買いました。

10.リップクリーム(CUREL)

リップクリームは保湿性が高いCURELを使っています。

ぼくはけっこう唇が乾燥しやすいタイプで、夏場でもエアコンをつけて寝るとパリパリになっちゃいます。

このことをある方に相談したらこのリップを紹介してくれたので、速攻でアマゾンで注文しました。そこからずっと使ってます。

とくに冬場にはこいつなしでは過ごせませんw 唇の皮むけもほとんどなくなりましたね。

11.日焼け止め

夏はもちろん、冬でも日焼け止めは必須です。

ただし、国内旅行の場合は日焼け止めは問題なくもっていけますが、海外旅行の場合は国外に持ち出せる液体の量が決まっているため注意が必要。

ぼくは海外に行くときには、日焼け止めは現地で調達するようにしています。

海外の日焼け止めは粉っぽくなっちゃうやつもあるので、日本製品をえらぶのが無難ですね。

KOSEのSUNCUTは肌によくなじんで、粉っぽくならないのでヘビロテしてます。ドラッグストアでもコンビニでもどこでもあります。

12.衣服(2セット)

衣服は着ていく服+もっていく服の2セットあればなんとかなります。

パンツと下着は多めに4セットぐらい持っていったほうがいいですね。

きほんてきに服は旅行先のホテルの洗濯機や近くのコインランドリーで洗って、荷物は最小限にとどめます。

服が荷物のなかでいちばんかさばるので、圧縮袋があると便利ですね。

13.保険証

保険証は持っているだけでHPが127上がるので、とりあえずもっておきましょう。

うそです。

14.クレジットカード

旅行先で「現金がない!」というときに活躍するのがクレジットカード。

海外の場合には、海外保険がついてくる楽天カードがおすすめ。

関連記事≫【リボ地獄】三井住友カード「EVERY PLUS」だけはやめとけ!

楽天カードはアメリカンエキスプレスカードなので、世界的に信用が高いのもポイントです。

15.おりたたみ傘

急な雨やスコールのときに役に立つのがおりたたみ傘。

雨季の東南アジアへ旅行のさいには必須のアイテムです。

Wskyのおりたたみ傘は見た目もスタイリッシュ&日傘としても使えるので、重宝しますよ。

16.リュック(マンハッタン)

リュックは安定のマンハッタンです。

リュックはやっぱりスポーツブランドや登山用のものが、強度・速乾性ともに高い傾向にあるのでおすすめ。

ぼくはマンハッタンのリュックを「3年以上」「ほぼ毎日」使ってますが、まったく劣化しないですね。

マンハッタンはスポーツブランドとしてはリーズナブルなので最強です。デカいので荷物も入るし。

17.パスポート(※海外旅行時のみ)

空港に着いて「パスポートがない!!」ってなったら号泣モンなので、小学生にならって旅行の前日からリュックに入れておきましょう。

※補足

ヒゲ剃り用カミソリやクリーム、ソーイングセット(ハサミとか)は機内持ち込みが不可なので、リストアップしてません。

ただし国内、かつ飛行機以外の交通機関を利用する場合は問題なく持っていけます。

ぼくは先日、タイのドンムアン空港でソーイングセットの中のハサミだけ没収されたので気をつけてください。

少ない荷物で旅行をする3つのメリット

今回はぼくがふだんの旅行で持ち歩くものを紹介してきました。

基本的に「旅行中の持ち物は、少なければ少ないほどいい」というのがぼくの持論です。

理由は以下の通り。

1.なにせ移動が楽!

1日中スーツケースをゴロゴロして観光するのってめっちゃ疲れますよね。

特に夏の暑い時期の観光地なんて、スーツケースゴロゴロしてるだけで「あ〜〜帰ってyoutube観てえ〜」ってなりますからね。

コインロッカーに預けようにも、スーツケースが入るサイズのコインロッカーはなかなかないですし、あってもだいたい埋まってます。

海外でいちばん怖いのが「忘れ物」

リュック1つに必要なものを全部入れてしまえば忘れ物もしづらくなる気がします。

2.お金を節約できる!

とくに大学生の旅行なんて持っていけるお金は限られているし、少しでも移動やホテルにかける時間をおさけて美味しいもの食べたり、遊びに行きたいですよね!

いまは特に海外に行くときはLCC(格安航空)で行く人も多いと思いますが、LCCの1番のネックが「荷物預かりの重量制限」です。

ANAやJALは20kgまで無料で預かってくれるんですが、LCCは7kg〜10kg以上の荷物になってくると有料のケースがほとんどです。

先日ぼくがタイに行った時に使ったPEACHは7kg〜有料でしたね。

スーツケースに入れてしまうとスーツケーそのものの重さがあるので7kgはいがいとすぐにいっちゃいます。

なのでぼくは完全にリュック一択です!追加料金で5000円ぐらいもっていかれるのバカバカしいですからね。

3.見た目がスタイリッシュ

「でっかいキャリーバッグをひきながら観光するよりも、リュック1つで軽やかに観光したほうがかっこいいんじゃない?」っていうシンプルな理由です。

ちなみにぼくはタイのドミトリーに滞在中、従業員の女の子に告白された経験がありますがこれもひとえにリュック1つで旅をしていたからにちがいないですね。(ちがう)

さて、今日はぼくが旅行をするときの必須アイテムをシェアさせてもらいました。

「できるだけ荷物をおさえて旅行に行きたい!」という方はぜひ参考にしてみてください!

ではでは、今日はこの辺で。