便利グッズレビュー

【20卒向け】今すぐバイトを辞めて、インターンに行こう!

こんにちは!よしぼうです。

ぼくは現在大学を休学し、ベンチャー企業でインターンとしてアフィリエイトサイトを運営しつつフリーランスとしても商材を販売しながら生計を立てています。

詳しくはプロフィールをご覧ください。

ツイッターでは人生哲学・働き方論などをつぶやいています。

FOLLOW ME!!!(^^)!

インターンシップとアルバイトってどう違うの?

まずはインターンシップ(以下、インターン)とアルバイト(以下、バイト)の違いを見ていきましょう。

アルバイト *********** インターンシップ
労働契約 雇用契約 (場合によっては)
労働契約
アルバイト業務 業務内容 正社員同様の業務
労働力の使役のため 目的 採用・社会勉強のため

表にするとこんな感じです。1つずつ説明していきますね!

雇用契約の違い

まず雇用契約ですが、バイトの場合は雇用主(バイト先)と雇用者(あなた)のあいだで労働契約を結ぶ義務があります。

一般的には”雇用契約書”にサインをしなければ、正式にバイトとしてはたらくことはできませんし、雇用主もはたらかせてはいけません。

これは労働法という労働者を守る法律で定められているので、「え! わたし雇用契約書なんて書いてないよ!?」という場合はいますぐ社員に相談をしてみてください。

一方で、インターンの場合は雇用主とのあいだで雇用契約を結ぶ必要はありません。

ただし!たとえば「時給900円で、週4日会社ではたらく」みたいな形式のインターンだった場合は雇用契約を結び必要があります。

“労働者としてはたらく場合は、雇用契約を結ぶ”というイメージですね。

インターンには”社会勉強のため”という名目もあるため、「どこから雇用契約が必要になるのか」は、実はグレーゾーンです。

グレーゾーンであるが故に、ある会社のインターンに参加したわたしの知人は「週4でタダ働きをさせられている」と言っていました・・・(-_-;)

「この仕事ってお金もらわないとおかしくない??」と感じたら、インターン先の上司に相談するようにしましょう!

業務内容の違い

インターンとバイトでは、業務の内容が異なります。

バイトでは、一般的に”ルーティンワーク”と呼ばれる単純業務を任される場合がほとんどです。

例えば居酒屋でしたら、「接客」「デシャップ」「料理を運ぶ」などがアルバイトの業務になります。

インターンの業務と比べて比較的カンタンで、単純な作業が多いのがバイトの特徴ですね。

一方、インターンでは正社員と同じような質・量の業務を求められることも多いです。

ぼくはいままで2社でインターンを行っているんですが、1社目では訪問営業、2社目(現在)はWebマーケティング業務をやっています。

訪問営業をしていたときは、はじめのうちは社員と同伴して営業スキルを学び、ある程度できるようになったら1人で営業周りをしていました。

社員とほとんど同じ業務内容です。

大変ですが、その分バイトでは身に付けられないスキルを身に付けることができるので就活ではかなり有利になりますよ(^^♪

目的の違い

企業側からしたら、ここが一番大きな違いかもしれません。

バイトにおいては、企業側はバイトを「労働力としてはたらかせるため」という目的で雇用します。

いいかえると、「あなたの労働力を買っている」ともいえますね。

どういうことかというと、例えばあなたが1か月に30時間、時給1000円でアルバイトとしてはたらく場合、給料は30000円になりますよね。

つまり、企業はあなたの“労働力”という商品を「月額30000円で買っている」ということになります。

“労働力の使役”という言い方はちょっと乱暴ですが(笑)、要するに「金払うからはたらいてくれー」ってことですね!

一方で、インターンの場合は採用を前提としている場合も少なくありません。

そもそも「企業がなぜインターンをするか」というと、「低リスクで、優秀な人材を採用したいから」です。

まずインターンとして仕事をさせてみて、学生の人となりや能力を判断してから採用するほうが企業にとっては都合が良いですよね?

学生側から見ると「アルバイトでは学べないスキルを付けられる!」というメリットがあるのでまさにWin-Winの関係だといえます。

インターンをしていて、そのまま内定を出す企業もあるので、メリットは大きいですね!(ちなみにぼくもこのパターンです)

ただし!

もちろん楽しくてスキルを身に付けることができるバイトも存在します。

この季節はとくにリゾートバイトなんてどう考えても最高ですね!(笑)

このように「未経験のことができる!×スキルが身に付く!×楽しい!」バイトはぜひおススメです。



短期インターンと長期インターンの違い

ここまででインターンとバイトのちがいを説明してきたんですが、実はインターンには「短期インターンシップ」と「長期インターンシップ」の2種類があります。

2つの違いはその名前が示す通り、「短期なのか、長期なのか」という点です。

一般的に短期インターンは「1日~1週間程度」の期間でおこなわれます。

最近の短期インターンの主流としては、「グループを作り、グループで1つ事業を立案しよう!」という事業立案型のインターンが多いですね。

数十もの企業の人事が1つの会場に集まり、事業立案のための議論をしている学生たちの様子をチェックして採用に役立てています。

人事に見られながらの議論は、なかなか緊張感ありますよ!w

また、最近の短期インターンはバラエティに富んでいます。

中古車販売の『Gulliver』で有名な株式会社IDOMの2017年の短期インターンシップ(3泊4日)では、富士樹海でのワーク、ボートレース、竜ヶ岳登山(標高1099m)などを行い、話題になりました。

https://www.idom-inc.com/2017biz-summer-internship/

これ、実はぼくも参加しましたw

企業秘密らしいので詳しいところまでは言えませんが、いろんな意味でヤバかったですw

さて、一方で長期インターンは「1か月~無期限」というケースが多いです。

長期インターンについては第1章で話した通りで、社員と同じような実践的な業務をおこないます。

“無期限”としているのは、たとえば「他社の内定が決まった」とか「自分がやりたい仕事とはちがった」などの学生側の事情を考慮してのことです。

基本的にはインターンは労働契約ではないので、いつ辞めても特に問題はありません。(「ダルいんで明日から来ませーん!」とかはちょっとアレですが)

長期インターンは短期インターンと違って、社会人として必要なスキルを学ぶことができるので僕は長期インターンのほうをおススメします。

会社の事業のがっつりと集中できるので、みるみるうちに力がついてきますよ(^^♪

これから伸びる業界のインターンに行こう!

やっぱりインターン先を選ぶときに外せないのは、「自分の興味のある仕事・好きな仕事をやりたい」ということだと思います。

もちろんそれは前提なんですが、もう1つの視点として「これから伸びるであろう企業でインターンをする」という視点があると、なお良いですね。

“伸びるであろう企業”というのは、”会社のやっている事業が、将来の社会で必要とされるであろう企業”という意味です。

よく言われていますが、「近いうちに自動運転が実用化される」という時代にタクシー会社に就職するよりも、VR(バーチャルリアリティ)Iot(モノのインターネット)に関する事業を行っている会社に就職するのがベターだということですね。

2018年6月現在、注目されているワードとしては「仮想通貨」、「VR」、「Iot」、「シェアリングサービス」、「自動運転」、「ベーシックインカム」といったものがあります。

これらのワードは2019年もホットなワードになるでしょう。

分からないものがあったらググれば大量に情報がでてくるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

たとえば、仮想通貨事業を行っている会社で有名なところはGMO株式会社、DMM株式会社、そして仮想通貨取引所のコインチェックやbit flayerなどがありますね。

先ほど挙げたワード関連の事業をしている会社は、これからすごく面白くなると思います。

VRなんてゲーマーからしたら夢のような技術ですよね(´・ω・`)

DMM株式会社ではVRのアダルトビデオも手掛けているので、それもハズせない・・・!

以下にぼくが思う「これから伸びるであろう企業」を4社紹介しているので、参考にしてもらえると嬉しいです。

https://ecbo.io/

『ecbo cloak』という荷物預かりサービスでグングン勢いづいてきている企業です。

ぼく自身も数か月間、営業活動に関わらせてもらっていた会社です。

https://b-engineer.co.jp/

個人的にはこの会社はゆくゆく、「21世紀のリクルートホールディングスのような存在になるのでは?」と思っている会社です。

エンジニア育成事業なども力を入れており、期待値はかなり高いですね。

https://www.nurve.jp/company/

VRコンテンツのプラットフォームを提供している会社です。

日本のVR界隈ではトップクラスのポテンシャルを感じます。

https://nommoc.jp/

nommocは福岡のベンチャー企業です。

以前、「タクシーの運賃を無料にする」というビジネスモデルを発表し、5000万円の資金調達を達成したことでも話題になりました。

今回はあえて、4社とも未上場の企業から選ばせてもらいました。

ベンチャー企業には大企業にはないスピード感のある事業展開が強みなので、今後が非常に楽しみですね!

インターン募集を行っている企業もあるので、興味のある方はトライみては?(^^♪

就活を楽しもう!

“就活”と聞くと、ほとんどの大学生が「きついんでしょ??」とか「内定もらえなかったどうしよう・・・」というようなマイナスのイメージをもつと思います。

でも、ほんとうは就活って楽しいんです!!

「就活って何したらいいかわからない」

「周りはとっくに動いてるのにわたしは何もしてない・・・」

だいじょうぶです。

今から本気で努力して熱意を伝えれば、必ずステキな会社に内定をもらうことができますよ(^^♪

面接で落ちたら、直接社長に「会わせてください!」っていって面接してもらえばいいんです。マジです。(ぼくは実際にやりました)

何もエントリーシートを書いて、面接を受けることだけが就活じゃありません。

自己分析も、正しい方法で行えば今後の人生において素晴らしいヒントを得られます。

http://yoshiblog.net/%E3%80%90%E4%BF%9D%E5%AD%98%E7%89%88%E3%80%91%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%AE%E5%9C%A8%E3%82%8A%E6%96%B9/

まずは自分のやりたいことを見つけて、それができる会社を見つけましょう。

あとは合格するだけです。(笑)

あなたが就活を楽しんで、最高の結果を手にすることを願っています!

Good  Luck!!