副業

【大学生向け】初心者におススメのネットビジネスはこれ!

こんにちは! よしぼうです。

今や大学生がネットビジネスで稼ぐのも、珍しくない時代になってきました。

ちょっとツイッターを覗くと・・・

 

 

 

 

 

 

こんな人たちがワンサカいます。本物も偽物もいますが、どうか「バイオプ女子」だけには引っかからないで下さい。。。(笑)

バイオプとはバイナリーオプションというギャンブル性の高い投資取引です。

僕の友人が試しに「バイオプ女子」にDMを送ったところ、「稼げるまでサポートしますよ!」と言われたらしいんですが、バイオプ用のアカウントを作らされた時点で連絡が取れなくなったらしいです。。。

そもそも無資格者による投資のレクチャーは金融商品取引法によって禁止されているので、その人が法律に準ずる資格をもっているかどうか、最初に確認しましょう。

余計なトラブルに巻き込まれないためにも、怪しい金融商品には手を出さないのが一番です。

 

“石橋を叩いてもすぐには渡らない”ハイパーチキンな僕は合法性・再現性のあるビジネスにしか手を出しません。

トラブルとかほんとにごめんです。静かに暮らしたい・・・(笑)

※バイオプ自体は悪くないですし、違法でもありません!

というかぼくもやってます!!

参考記事≫【楽に稼げる?】バイナリーオプションとは

でも記事で書いてる通り、あんまり面白くはないですね。。。笑

はじめてのネットビジネスに商材販売を進める理由

僕ははじめてネットビジネスをされる方には、商材販売を進めています。

 

なぜなら商材販売は、

①自分で商品を作り、②お客さんを集め、③商品を売る

という商売において基本となる「商品作り・集客・販売」の一連の流れを学ぶことができるからです。

 

よく副業やネットビジネスと言えば「アフィリエイト」や「せどり・転売」が初心者向けだと言われていますが、

アフィリエイトは企業の商品を紹介し、その仲介手数料をもらうというビジネスモデルのため企業の動向や経営状況によって売り上げが大きく左右されてしまいます。

「1か月に10万売り上げていた商品が販売中止になってしまった!」となればいきなり月収は-10万となってしまうこともあります。

 

また、「せどり・転売」は上記の「販売停止の可能性」に重ねてリピーター(ファン)が付きにくいという点が挙げられます。

BOOK OFFは転売のビジネスで成功している企業ですが、私たちがBOOK OFFを利用するのは基本的に「安いから」という理由だけです。

(ブックオフの雰囲気が好き、という方ももしかしたらいるかもしれませんが。。。)

 

別に安ければBOOK OFFで買わなくても良いわけです。

BOOK OFFよりも安くて質の良い本が売られているお店が出来ればお客さんはそっちに流れていくような気はしませんか?

これが「せどり・転売」はリピーター(ファン)が付きにくいという理由です。

 

さらに「せどり・転売」はある程度まとまった初期費用がかかります。そしてもし売れなかった商品は在庫になるため、在庫管理の手間もかかります。

出来るだけリスクの少ないビジネスをやってもらいたい僕としては在庫が出てくるビジネスはおススメできません。

<まとめ>

・アフィリエイトは企業の都合で収入がガクっと減るリスクがある

・せどり・転売は在庫を仕入れるためまとまったお金がかかる上に在庫管理の手間もある

 

商材販売のメリット・デメリット

ネットビジネス初心者には情報販売ビジネスを勧める僕ですが、どんなものでもメリットとデメリットがあるように情報販売にもメリットとデメリットが存在します。

情報販売ビジネスを半年以上やってきた僕の実体験から紹介していきます!

まずはデメリットから。

収益化までに比較的時間がかかる

商材販売はほかのネットビジネスと比べて比較的時間がかかる傾向にあります。

ネットビジネスの種類 収益化までの時間
アフィリエイト 2~4か月
転売 1週間~1か月
クラウドソーシング 1日~1週間
商材販売 3か月~半年

というのも、商材販売はビジネスの1通りをすべて1人で行うためどうしても時間がかかってしまうのです。

個人差はありますが(1か月ほどで収益化をする人も!)、僕の周りで商材販売をやっている人たちの平均値が3か月~半年ぐらいで収益化をさせている、という感じですね。

 

もちろん商材販売ビジネスはビジネスである以上「お金を稼ぐ!」ことが第一の目的ですが、「ビジネスの流れを掴む」という目的もあります。

そのため、ある程度時間をかけてビジネスの全体を学びたい人にはうってつけです!

デメリットはこれくらいだと思いますね。

それでは次に商材販売のメリットを見ていきましょう!

ビジネスの基本的な一連の流れを学べる

これは1でも言ったことと同じです。

商品作成、集客、販売の流れはどんなビジネスにもつながるものなので最初に取り組むビジネスとしては商材販売は非常に優秀です。

 

月収25億円を稼いだこともあり、マカオに不動産をもっているヤバい経営者の方(僕の師匠です)も、

「商材販売ビジネスは全ての商売の基本をローリスクで学ぶことができる」と言っていました。

リスクが低い(ほとんどノーリスク)

ここでいうリスクとは「お金を失う(借金を負う)可能性」のことです。

商材販売は基本的に電子データで販売します。

ちなみに僕は数年前プロを目指し京都の有名なボイストレーナーのもとに通っていたことがあり、

なおかつアルバイトで大手のボイトレスクールでアシスタントをしていた経験があったので「ボイストレーニング教材」を売っていました。

 

教材はoffice wordで50枚ぐらい分のノウハウを書き、それをPDFファイルに変換してe-bookとして販売していました。

関連記事≫【完全無料】誰でもかんたんに電子書籍が作れる3つの方法

 

販売価格は何と1万という高単価だったんですが、これがバンバン売れました。(自慢)

このように電子データをノウハウとして売るため、基本的にお金はかかりません。

そのため、もし全く売れなかったとしても失うのは時間だけ、ということになります。

比較的時間に余裕のある大学生にはもってこいのビジネスです!

不労所得が入ってくる!!

これも大きなメリットですね。

僕がおススメしている販売のルートは

  1. ブログ、SNSで集客
  2. 商品欲しい人(見込み客)に対し、プロダクトローンチをうつ
  3. 商材を買ってもらう!

という流れです。

「プロダクトローンチという言葉をはじめて聞いた!」という方は以下の記事を読んでみてください。

関連記事≫プロダクトローンチとは一体どのような手法か

おわりに

商材販売のメリット、デメリット知って頂けたでしょうか?^^

実践的な商材販売の内容については以下の記事を参考に。

関連記事≫【2018年】ネットビジネス初心者がブログで稼ぐ方法

僕が実際に月に20万円以上稼いだ方法、かつ僕の周りの人たちも安定して収益を上げている方法を余すことなく公開しているのでぜひ一読ください。